伊豆・伊東温泉の民話

大室山の大蛇穴

大室山の大蛇

鎌倉時代、大室山の麓の大穴に大蛇が住み、村人を苦しめていました。そこへ源頼家が伊豆へ狩りをしにやってきました。その狩りが大変上手くいったので、喜んだ頼家は村人達の望みをきき、大蛇退治を引き受けました。退治の大役を仰せつかったのは源氏随一の斬り手、和田平太胤長(たねなが)でした。平太は大蛇相手にたった一人、しかも一太刀で見事退治したそうです。お陰で村に平和な暮らしが戻りました。そしてその後、頼家が修善寺で暗殺されましたが、それを「大蛇の呪いだ」とささやく者があったとか、なかったとか。
和田平太胤長さんて、強すぎ!
コワくなかったのかな…