伊東温泉かもしれない話

音無神社

樹齢1000年余の木々が見守る音無の森

源頼朝と八重姫(伊東祐親の娘)のデートスポットだったといわれているのが音無の森にある『音無神社』。これまでもパワースポットとして、このマップでもご紹介してきました。まるで頼朝と八重姫がそっと抱き合うかのように見える2本のムクとシイの木。どちらが頼朝で、どちらが八重姫かしら??
その時代に思いを巡らせてみると・・・本当に抱き合うように見えてくるからフシギ。でも実は、二人の恋は悲恋だったとか。「いかないで」と抱き合う姿がその姿になった・・・のかも、知れない。