伊東温泉かもしれない話

みかんの花

時を重ね、今もなお唄い♪継がれる「みかんの花咲く丘」

「みかんの花咲く丘」は、終戦直後の昭和21年8月24日、作詞家 加藤省吾氏によって作詞されました。心和むあのメロディーは、作曲家の海沼実氏が伊東へ向かう汽車の中で作曲したと言われています。当時、海沼氏が見た車窓からの風景は、まさしく加藤氏の詩のとおりだったのかも知れません。♪~はるかに見える青い海 お船がとおく霞んでる~♪
昭和の時代に思いをはせて、列車の窓から海を眺めれば… 作曲家 海沼実氏の見た風景に、あなたも出会えるかも?…知れない。