伊東温泉かもしれない話

音無神社の伊東市指定文化財

ご利益がある!らしい…。

音無神社にある、伊東市の指定文化財になっているタブとシイの巨木に、心の中でそっとお願いごとをするとご利益がある!らしい…。
その昔、源頼朝と八重姫(伊東祐親の娘)が恋の逢瀬を楽しんだといわれている音無の森にある神社。御祭神は豊玉姫命(とよたまひめのみこと)といって、神武天皇の御祖母にあたり、安産の神様として信仰を集めてるよ。拝殿の長押(なげし)には、真ん中が開いたたくさんの柄杓(ひしゃく)が挿してあり、“安産”を意味しているんだって!きっと、頼朝と八重姫が“縁結び”のお願いも受け入れてくれるはず!